<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

糖尿病対策から化粧品まで 「抗糖化」パイオニアの“甘くない”道のり(産経新聞)

【プロフェッショナル登場】

 「“抗糖化”の機能性素材『AGハーブMIX』がようやく認知されるようになりました」。アークレイからだサポート研究所の内藤淳子(ないとう・じゅんこ)さん(41)は、穏やかな表情でこう話し始めた。

 人体での糖とタンパク質の結合を「糖化反応」といい、最終産物として糖尿病合併症や老化進展の成因となるカルボキシメチルリジンなどの糖化生成物(AGEs)を蓄積する。

 抗糖化は糖化反応を抑制する作用で、アークレイからだサポート研究所は抗糖化効果の高い機能性素材として、ドクダミやセイヨウサンザンなど4種のハーブからの抽出物を混合したAGハーブMIXを3年前に開発、自らもこれにかかわった。

 それがアンチエイジングやメタボリックシンドローム対策への関心の高まりを背景に、注目を集め始め、「化粧品や健康食品素材などとして普及を図りたい」と意欲をかきたてる。

 ただ、「これまでの道のりは決して平坦(へいたん)ではなかった」と振り返る。2003年にアークレイに入社以来、糖尿病対策関連製品の研究開発を担当し、AGハーブMIXはその一環として開発。しかし、糖尿病関連だけでは市場性に限界があるため、模索しの結果、選んだのがアンチエイジングやメタボ対策向けの機能性素材。「当初は商品化を目指したコラボレーションの相手先から『何それ?』と相手にしてもらえなかった」と言う。

 それだけに抗糖化のパイオニアの評価を得つつある今、苦労の時期に取り組んだ「地道なエビデンス(効果の証拠づけ)の積み重ね」に加え、「用途も現在の化粧品中心から糖化抑制食品素材へと広げていきたい」と夢は膨らむばかりだ。(立山篤)

【関連記事】
パナソニックに2度入社 海外部門の美人スペシャリスト
台風や雷でも「365日24時間」電力安定供給
セラミック製ナイフの達人 石射孝之さん
老後の蓄え全投入 マンションに「酒蔵」作った元気社長
ダイヤづくりの名人“スジ屋” きょうも新しいスジを引く

<大逆事件>管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
自己判断で2割がタミフル服用中止 500人調査結果(産経新聞)
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
別の患者の薬を誤投与=入院の80代男性死亡−愛媛(時事通信)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-31 17:24

昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る(産経新聞)

 客を酒で泥酔させてクレジットカードを奪い、現金を引き出したとして、警視庁組織犯罪対策2課は昏睡強盗と窃盗の疑いで、東京都文京区湯島3丁目のスナック店「UNFINI」経営、林桂珍容疑者(41)=墨田区石原=ら中国籍の男女5人を逮捕した。同課によると、いずれも「そのような悪事を働いていない」などと否認している。

 同課によると、林容疑者らはキッチンタイマーの底にアルミ板をテープで貼り付けてカードが入る空間を作り、カード読み取り機を装っていた。泥酔した客にカードでの支払いを持ちかけ、タイマーのボタンを押させて暗証番号を盗み見ていたとみられる。

 逮捕容疑は先月29日午前6時ごろ、店内で飲食をしていた男性会社員(42)にアルコールを飲ませて昏睡させてクレジットカードを奪い、近くのコンビニエンスストアで50万円を引き出したとされる。

 同課によると、男性は近くの路上に放置され、警視庁に保護された。店内からはアルコール度数56度の酒「スピリッツ」のボトルが複数本見つかっている。

 湯島3丁目や上野2丁目では昨年11月ごろから、中国系の飲食店約20店舗が同様の手口で現金を盗んでいるとみられている。被害件数は約280件で、被害額は約1億8千万円に上るとみられる。

【関連記事】
51歳看護師、女性に導入剤飲ませ昏睡強盗容疑
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
ホテルで酔客に「マッサージどう?」 昏睡させて財布など奪った中国人逮捕
睡眠導入剤レイプ、店員が目撃!通報しお縄
デリヘル嬢に薬飲ませ強姦 いわき市職員逮捕

ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近(産経新聞)
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬(産経新聞)
小沢氏に収支概要報告=石川議員、陸山会04年分−貸付8億円、収入6億円(時事通信)
<奈良県議会>東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり(毎日新聞)
雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-30 02:29

全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)

 サッカーくじ「BIG(ビッグ)」の偽造当せん券で現金約4億5千万円をだまし取ろうとしたとして、京都市下京区の夫婦が詐欺未遂と偽造有価証券行使の疑いで昨年12月に大阪府警に逮捕された。2人は大阪市北区の金融機関に偽造当せん券を持ち込み、換金しようとしたが、あえなく失敗。夫は偽造について言及したが、妻は「偽造とは思っていなかった」と容疑を否認したとされる。夫は偽造有価証券行使、有価証券偽造の罪で起訴されたが、妻は起訴猶予処分となった。「あまりにも稚拙」。捜査関係者が首をひねる全国初のサッカーくじの偽造事件に、夫はなぜ手を染めたのだろうか?。

 ■「当選しているはず」

 「高額当せんの照会依頼書をください」

 昨年10月6日午前11時ごろ、大阪・キタにある金融機関を訪れた夫婦が、窓口でこう切り出した。

 本来、照会依頼書は、持ち込まれた当せん券を照合機にかけた上で、50万円以上の当せん者に記入してもらう用紙。応対した職員は不審に思いながらも、夫婦が持ち込んだ当せん券を照合機にかけると「はずれ」という表示が出た。

 「チケットが違いますよ」。職員は夫婦に声を掛けたが、夫は「そんなはずはない。当たってるはずや。ちゃんと見てくれ」と譲らない。妻も横から「当たってるはず」と加勢する。

 夫婦が“本物”と言い張るため、職員は当せん券を預かった上で、3日後に来店するよう依頼し、ひとまず引き取ってもらった。

 約束の10月9日。午前10時ごろ、金融機関の電話が鳴った。声の主は、3日前に当せん券を持ち込んだ夫からだった。「都合が悪くなり、行けなくなった。来週にしてほしい」

 10月14日にも再び夫から電話があった。「当せん券は自分で作ったから、破ってくれ」。当せん券の偽造を認めたともとれる内容だったという。

 金融機関から連絡を受け、くじを主催する日本スポーツ振興センター(東京)が行った真がん鑑定で、当せん券は偽造と判明したため、センターは、詐欺未遂罪で夫婦を大阪府警曽根崎署に告発した。2人が最初に金融機関を訪れた際、免許証と保険証のコピーを提出していたことから、身元は割れていたという。

 ■人気を集める「BIG(ビッグ)」

 「BIG(ビッグ)」は、7種類あるサッカーくじのうち「非予想系くじ」の一種で、平成18年に販売が始まった。Jリーグ14試合の結果をコンピューターが、勝ち「1」、負け「2」、その他(引き分け、延長)「0」で選択する仕組みだ。1口300円で、コンビニエンスストアの端末やインターネット、宝くじ売り場やショッピングセンターなどに設けられた売り場で手軽に購入できる。

 1等の当せん金は最高3億円だが、キャリーオーバーが発生すると最高6億円にまで跳ね上がる。少ない元手で一獲千金が期待できるとあって圧倒的な人気を誇り、「09年シーズン」(平成21年3月〜12月)の売り上げのうち、「BIG(ビッグ)」は約7割を占めている。また「『09年シーズン』の1等は43本あり、そのうち当せん金が6億円に達したのは23本」(同センター)という。

 夫が持ち込んだ第417回(21年9月12、13日の試合が対象)の1等は5口あり、当せん金は1口4億5765万1272円に膨らんでいた。

 「まさか、偽造当せん券が持ち込まれるとは」。センターの担当者は驚きを隠せない。ただし、くじには偽造防止策が施されており、50万円以上の当せんの場合は、金融機関の照合機で確認した上で、センターでも機械や目視による真がん鑑定を実施。厳重なチェックで偽造当せん券による換金を未然に防止している。

 センターの担当者は「厳正、公正な手続きを行っている。今後も安心して購入してほしい」と話している。

 ■どうやって偽造?

 夫が持ち込んだのは、コンビニエンスストアの端末で購入したくじを模した偽造当せん券だった。

 試合結果を示す数字の並びは1等と同じだったが、「情報が入力されたバーコードを照合機で読み取ると本来のものとは違っていた」(同センター)という。

 偽造当せん券について、夫は「パソコンで作った」と供述。勤務先でスキャナーやプリンターを使用して作製したとされ、勤務先からは偽造当せん券を作製した痕跡が見つかったとされる。

 偽造当せん券を持ち込まれた金融機関は、立地と利便性がよく、換金に訪れる人も多いとされる。ある金融関係者は「当せん券に限らず、紙幣や印鑑の真がんの確認は日常業務の一つ。金融機関の担当者は常に『危険と隣り合わせ』という意識を持って仕事をしている」と明かす。

 今回、偽造当せん券の紙質や印刷状態から、担当者は偽造ではないかと疑ったとみられるが、それほど簡単に見破られるような偽造に夫が手を染めたのはなぜだろうか。

 捜査関係者によると、夫は別居中の妻の関心を何とかして引こうと、事件の数カ月前、「サッカーくじで2千万円が当たった」とうそをついたが、妻にばれたことがあったという。

 「今回の事件は、さらにうそを重ねた結果」(捜査関係者)とみられる。うその代償はあまりにも高くついたようだ。

【関連記事】
「首相の母がスポーツ予算を出せばいい」森元首相が仕分けで皮肉
偽造「ビッグ」で4億5千万円換金図る 京都市の夫婦を逮捕
元信金主任、4億円着服 「トト」に2700万使う 大分
“大相撲toto”があった
09年度toto助成金 過去最高61億円

<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
「説明したのは良かった」=福島氏(時事通信)
世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ−化石採取・豪州沖(時事通信)
大阪湾上? 救急出動ヘリの部品脱落(産経新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-28 20:39

種子島で震度4(時事通信)

 25日午後4時15分ごろ、鹿児島県で地震があり、種子島で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は大隅半島東方沖で、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.3と推定される。地震による津波の心配はないという。 

【関連ニュース】
青森県で震度4
静岡県伊東市で震度4
北海道・根室で震度3
沖縄で震度3
北海道で震度3

加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
<合掌土偶>八戸市が商標登録 「広く使って」 業者の独占防ぐ(毎日新聞)
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
放送内容に介入しない=「関係者」発言で釈明−原口総務相(時事通信)
<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-27 10:18

原子力事故 初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)

 放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)は19日、海外の原子力施設などで起きた放射線被ばくや汚染事故の現場で初期医療を支援する専門チーム「緊急被ばく医療支援チーム(REMAT)」の発足を発表した。被ばく医療の専門医など約40人で構成する世界でも例のない組織。国際原子力機関(IAEA)にも設立を通知、今月から活動を開始した。

 チームは原子力発電所事故や放置された工業用放射性物質などからの被ばく、放射線もれ事故などに対応する。被災国政府やIAEAから要請を受けて、放医研理事長の判断で48時間以内に5〜10人の現地班を送り込む。同班は医療、放射線防護、放射線量測定、後方支援の4職種で構成され、最新の計測機や特殊な被ばく治療薬を完備。衛星回線で日本と通信しながら現地医師の指導などを行う。

 深刻な被ばく事故は、世界で1、2年に1度のペースで発生し、従来はIAEAが各国の専門家を集め、混成チームを派遣していた。一方、国内の事故では、これまで通り放医研を含む「緊急被ばく医療機関」などの連携で対応するが、今後はその中にREMATを取り込み、活用することも検討する。

 放医研は「多様な専門家をそろえた常設チームは世界初。日本の原子力安全技術で貢献したい」としている。【奥野敦史】

【関連ニュース】
柏崎刈羽原発:6号機の営業運転を再開 7号機に続き
柏崎刈羽原発:7号機が営業運転再開 2年5カ月ぶり
泊原発:3号機の営業運転を開始
柏崎刈羽原発:新潟県が営業運転移行を容認
MOX燃料:陸上輸送容器の中から木くず 関西電力が公表

【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上−鹿児島県警(時事通信)
警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う−警視庁(時事通信)
民家全焼、2遺体発見=16歳と12歳の姉妹か−千葉(時事通信)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-26 00:37

診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)

 医療法人雄山会「山本病院」(奈良県大和郡山市、休止中)の診療報酬詐取事件で、大阪高裁は18日、詐欺罪に問われ、1審奈良地裁で懲役2年6月の実刑判決を受けて控訴中の法人理事長、山本文夫被告(52)の保釈を認める決定をした。山本被告は保釈保証金1800万円を即日納付し、保釈された。

 今月13日の1審判決後、奈良地裁が弁護側の7回目の保釈請求を認める決定をしたが、奈良地検が抗告していた。この日午後5時半ごろ、勾留されていた奈良県警郡山署を出た山本被告は、やつれた表情で無言のまま迎えの車に乗りこんだ。

 山本被告をめぐっては、不要な手術で入院中の男性患者を死なせた疑いがあるとして、県警が昨年9月に傷害致死容疑で関係先を捜索し、立件の可否を慎重に捜査している。

【関連記事】
山本病院理事長に実刑判決 奈良の診療報酬詐取
山本病院元事務長に有罪判決 奈良の診療報酬詐取事件
診療報酬詐欺、山本病院理事長に求刑懲役4年
診療報酬詐取、元事務長に求刑2年6月 奈良・山本病院事件
山本病院を傷害致死容疑で捜索 患者死亡事件で奈良県警

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-24 22:48

「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)

 全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会は1月22日、「自治体の戦略―小規模多機能型居宅介護で今後のまちづくり」と題して自治体職員向けの研修会を開いた。この中で講演した同会の川原秀夫代表は、「(介護保険)施設は本当に足りないのか」と疑問を呈した。

 川原氏は講演で、「(介護保険)施設が足りないから、もっと施設を作ろう」という声があると紹介し、「本当に足りないのか」と疑問を呈した。その上で、「施設が足りないのではなく、在宅で24時間365日暮らすことが困難になっている」と指摘し、小規模多機能型居宅介護によって、在宅で24時間365日の安心を提供する介護の必要性を強調した。
 また、小規模多機能型居宅介護を理解していない事業者が存在すると指摘。「通い」の回数を制限したり、「訪問」や「宿泊」を断ったりする事例を挙げた。その上で、事業者は利用者の暮らしを地域の中で支える必要があると訴えた。さらに、小規模多機能型居宅介護について「自治体も理解し、バックアップしてほしい」と呼び掛けた。

 このほか、同会副代表で高齢者総合ケアセンターこぶし園総合施設長の小山剛氏は、家族構成について、かつては同居家族の中に介護力があったが、現在は家庭内での介護は困難になっており、週に数回の通所介護や、訪問介護サービスだけでは対応できないと指摘。家族がいなくても、連続した介護で生活を支えられる政策を取るべきと主張した。また、介護を受ける人の人生は、これまで築いてきた地域との関係の中に存在するとし、郊外の大規模施設ではなく、地域の中で介護を行うことの重要性を強調した。

■自治体担当者が小規模多機能の整備状況を報告
 また研修会では、全国の自治体の担当者が小規模多機能型居宅介護の整備状況を報告した。横浜市の担当者は、第3期(2006-08年度)に、日常生活圏域にそれぞれ1か所ずつ合計150か所を整備する計画だったが、事業者の参入が進まず38か所と計画を大きく下回ったと述べた。要因については、市民やケアマネジャーへの周知不足を挙げた。
 また、鹿児島県霧島市の担当者は、第3期に10の日常生活圏域にそれぞれ1か所以上整備する目標を達成したと報告。毎年度の介護給付費の推移を示し、小規模多機能型居宅介護を整備しても「介護給付費にはあまり影響はない」と述べた。
 石川県加賀市の担当者は、「大規模施設を作っても、将来的に高齢者がそこには入らないのではないか」と指摘。郊外の大規模施設の整備を促進してきた第2期(03-05年度)までの計画から一転、第3期以降は日常生活圏域の中に小規模の事業所を整備する方針に転換したと報告した。


【関連記事】
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ
施設整備に民家を活用する視点も−東京都の地域ケア推進会議
「ジェロントロジー」シンポで高齢化社会の課題を議論
認知症のケアマネジメントで研修会、若年性対応に困難も−東京都
小規模多機能、「居住」機能併設は3割

授業中の中学校でボヤ、生徒630人が避難(読売新聞)
18日朝に閉村を迎え、260人余が「派遣村」退所 就職確保はわずか(産経新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-23 13:04

<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)

 大学入試センター試験が始まった。ただでさえ緊張しているのに、雪が降ったり、電車が止まったりしたら大変。センター試験初年度に受験した漫画家の倉田真由美さんは、1日目の試験が終わった後、受験票をごみ箱に捨ててしまったという。「ああ、やっちゃった!」と思った時にどうすればいいのか、大学入試センターに聞いた。

Q:受験票を忘れたら、試験は受けられませんか?

A:まずは忘れないように十分注意してください。もし忘れても、試験会場で仮発行申請をすれば試験を受けられます。大学入試センターから各会場に受験者の名簿を送っていますので、所要事項を質問して照合します。場合によっては、生徒手帳などの提示を求めることもあります。

Q:失くした時は。

A:センターに再発行の申請をしてください。直前に紛失した場合は、忘れた時と同じです。試験当日に受験票を持たずに会場に行って、仮発行の手続きをしてください。

Q:試験の後も、再発行は受けられますか。

A:4月末日まで受けられますが、センター試験終了後の1月19日から25日は再発行業務はしません。この期間の申請分は、26日から志願者に送付します。2010年度からは、過去3年間のセンター試験の成績が入試に利用できるようになります。過去の受験票が必要になるかもしれませんから、大切に保管してください。

Q:受験票を忘れたり、失くす人はどのくらいいますか。

A:試験当日に問い合わせがあったのは、07、08年度とも約1800件でした。「受験上の注意」の冊子の最終ページに、当日の所持品チェック欄を載せたり、ホームページでQAコーナーを設けて注意喚起をしています。

Q:そのほかの忘れ物は。

A:鉛筆を忘れる受験生はいますね。友達がいれば借りて、休憩時間に買いに行っているのではないかと思います。試験会場は、貸せるところと貸せないところがありますから、「貸してもらおう」と思われると困ります。シャープペンシルがあれば回答できますが、採点されないかもしれないリスクは負ってください。ごくまれにお金を忘れる受験生がいますので、持ち物チェック表には、交通費の項目を入れています。

Q:具合が悪くなったり、怪我をした場合は。

 試験会場には、必ず医師か看護師がいますので、ばんそうこうを張る程度の簡単な手当てはできます。大事なら近隣の病院に搬送しますが、後の試験は受けられません。

【関連ニュース】
<センター試験>問題と解答 速報はこちら
<特集>受験の危機管理:第2回 遅刻して許される理由は 新型インフルエンザ流行で対応変更
<写真特集>センター試験:個性重視、自由選択を掲げて20年
<特集>受験と私:海堂さん、星出さんらの受験術
大学入試:センター試験 「地元」「国公立」切実に 不況下、親の負担を気遣い

<センター試験>全国725会場で始まる(毎日新聞)
石川議員、事務所に宿泊?…実は深夜に脱出 報道陣待ちぼうけ(産経新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
社民党、参院選で日森、大川両氏を公認(産経新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-22 18:43

大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)

 大豆の全遺伝情報(ゲノム)を解読し、約4万6400個の遺伝子を特定したと、米合同ゲノム研究所や日本の理化学研究所などの研究チームが14日付の英科学誌ネイチャーに発表した。大豆は食用のほか、飼料や油、医薬品などの原料としても重要な作物。研究成果は品種改良や生産効率の向上、病害虫対策などに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献
炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か

小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか(J-CASTニュース)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り−公取委(時事通信)
パトカーとバイク衝突、60歳男性けが 京都(産経新聞)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ−政府(時事通信)
車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-21 21:28

新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月19日の閣議後の記者会見で、新型インフルエンザワクチンについて、輸入ワクチンの特例承認が決定したことなどから、「現時点では余る公算が大きい」と述べ、余剰分の解約に向けた交渉について検討していることを明らかにした。

 長妻厚労相は、厚労省が各都道府県を通じて調査しているワクチンの需給状況や、新型インフルエンザの流行が再燃する可能性を勘案しても、「現時点では余る公算が大きいと判断している」と述べた。その上で、「各国の対応を見ながら、メーカーと(余剰分の解約に向けた)交渉をしていくことができるか否かも含めて検討している」とした。

 特例承認は20日付で、対象となるのはノバルティスファーマ社製とグラクソ・スミスクライン(GSK)社製。同省によると、それぞれ2月3日、5日から出荷される。これにより、成人量換算で輸入ワクチン9900万回分程度が確保され、国産ワクチン(5400万回分程度)と合わせて約1億5300万回分が今年度末までに確保される見通しだ。


【関連記事】
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省

石川議員を逮捕=小沢氏団体の報告書不記載−政治資金規正法違反・東京地検(時事通信)
残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定(読売新聞)
向精神薬を譲渡未遂=宅配便で、医師逮捕−大阪府警(時事通信)
自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」−代表質問始まる(時事通信)
蓮如 真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-21 03:47