辞職勧告決議、採決せず=山岡民主国対委員長(時事通信)

 民主党の山岡賢次国対委員長は5日午前、国会内で開いた国対正副委員長会議で、自民党などが提出した石川知裕同党衆院議員に対する議員辞職勧告決議案について「審議するには当たらない」と述べ、衆院本会議に上程せず、採決に応じない考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致−自公国対委員長(時事通信)
「ほとんど呼吸がないような…」言葉に詰まる証人(産経新聞)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
<雑記帳>大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
臨時交付金少なかった、算定ミス42億円(読売新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-02-07 17:29
<< 【話題の本】『あねチャリ』川西... 別のブラジル人同乗者が出頭=携... >>