別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、窃盗未遂容疑で逮捕された男(32)とは別のブラジル人が出頭したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。事故車両に同乗し、車内から見つかった携帯電話を使っていた男とみられる。愛知県警熱田署捜査本部は、男から事故当時の状況を詳しく聴いている。 

【関連ニュース】
岐阜のブラジル人が運転か=名古屋ひき逃げ
同乗のブラジル人逮捕=逃走用の車、窃盗未遂
同乗者を任意聴取=名古屋ひき逃げ
ひき逃げ容疑で運転手逮捕=トラックで、63歳男性死亡
ブラジル人が乗車か=事故車両に携帯

<納税者番号>省庁横断で検討会設置へ 菅副総理が報告(毎日新聞)
<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)
「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」−東京高裁(時事通信)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-02-06 20:51
<< 辞職勧告決議、採決せず=山岡民... 禁止案の採否は「微妙な差」=ク... >>