原子力事故 初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)

 放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)は19日、海外の原子力施設などで起きた放射線被ばくや汚染事故の現場で初期医療を支援する専門チーム「緊急被ばく医療支援チーム(REMAT)」の発足を発表した。被ばく医療の専門医など約40人で構成する世界でも例のない組織。国際原子力機関(IAEA)にも設立を通知、今月から活動を開始した。

 チームは原子力発電所事故や放置された工業用放射性物質などからの被ばく、放射線もれ事故などに対応する。被災国政府やIAEAから要請を受けて、放医研理事長の判断で48時間以内に5〜10人の現地班を送り込む。同班は医療、放射線防護、放射線量測定、後方支援の4職種で構成され、最新の計測機や特殊な被ばく治療薬を完備。衛星回線で日本と通信しながら現地医師の指導などを行う。

 深刻な被ばく事故は、世界で1、2年に1度のペースで発生し、従来はIAEAが各国の専門家を集め、混成チームを派遣していた。一方、国内の事故では、これまで通り放医研を含む「緊急被ばく医療機関」などの連携で対応するが、今後はその中にREMATを取り込み、活用することも検討する。

 放医研は「多様な専門家をそろえた常設チームは世界初。日本の原子力安全技術で貢献したい」としている。【奥野敦史】

【関連ニュース】
柏崎刈羽原発:6号機の営業運転を再開 7号機に続き
柏崎刈羽原発:7号機が営業運転再開 2年5カ月ぶり
泊原発:3号機の営業運転を開始
柏崎刈羽原発:新潟県が営業運転移行を容認
MOX燃料:陸上輸送容器の中から木くず 関西電力が公表

【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上−鹿児島県警(時事通信)
警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う−警視庁(時事通信)
民家全焼、2遺体発見=16歳と12歳の姉妹か−千葉(時事通信)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-26 00:37
<< 種子島で震度4(時事通信) 診療報酬詐欺の被告、奈良・山本... >>