診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)

 医療法人雄山会「山本病院」(奈良県大和郡山市、休止中)の診療報酬詐取事件で、大阪高裁は18日、詐欺罪に問われ、1審奈良地裁で懲役2年6月の実刑判決を受けて控訴中の法人理事長、山本文夫被告(52)の保釈を認める決定をした。山本被告は保釈保証金1800万円を即日納付し、保釈された。

 今月13日の1審判決後、奈良地裁が弁護側の7回目の保釈請求を認める決定をしたが、奈良地検が抗告していた。この日午後5時半ごろ、勾留されていた奈良県警郡山署を出た山本被告は、やつれた表情で無言のまま迎えの車に乗りこんだ。

 山本被告をめぐっては、不要な手術で入院中の男性患者を死なせた疑いがあるとして、県警が昨年9月に傷害致死容疑で関係先を捜索し、立件の可否を慎重に捜査している。

【関連記事】
山本病院理事長に実刑判決 奈良の診療報酬詐取
山本病院元事務長に有罪判決 奈良の診療報酬詐取事件
診療報酬詐欺、山本病院理事長に求刑懲役4年
診療報酬詐取、元事務長に求刑2年6月 奈良・山本病院事件
山本病院を傷害致死容疑で捜索 患者死亡事件で奈良県警

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-24 22:48
<< 原子力事故 初期医療を支援する... 「施設は本当に足りないのか?」... >>