大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)

 大豆の全遺伝情報(ゲノム)を解読し、約4万6400個の遺伝子を特定したと、米合同ゲノム研究所や日本の理化学研究所などの研究チームが14日付の英科学誌ネイチャーに発表した。大豆は食用のほか、飼料や油、医薬品などの原料としても重要な作物。研究成果は品種改良や生産効率の向上、病害虫対策などに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献
炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か

小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか(J-CASTニュース)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り−公取委(時事通信)
パトカーとバイク衝突、60歳男性けが 京都(産経新聞)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ−政府(時事通信)
車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-01-21 21:28
<< <受験の危機管理>第1回 もし... 新型ワクチン余る公算、解約交渉... >>