元秘書有罪判決、首相「責任痛感、一生の戒め」(読売新聞)

 鳩山首相は22日夜、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた自らの元公設第1秘書・勝場啓二被告が有罪判決を受けたことについて「政治家としての責任を痛感している。国民におわびしたい。このことは一生の戒めとしたい」と述べた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 偽装献金事件に関する資料の公表については「政治資金規正法にかかわることは収支報告書を訂正し、公表する。それ以外のプライバシーにかかわるものはすべてを公表する必要はないと考えている」と述べた。資料の国会提出についても「裁判で結論が出た話だから必要ないと思っている」と拒否する考えを示した。

「美しい地球、誇りに」=山崎さん、歓迎式典に−歓声と拍手に包まれ(時事通信)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)
TカードVS.Ponta どっちが得!? 共通ポイントカード市場が活性化(産経新聞)
沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-04-27 20:11
<< 千葉・医療再生の序章(上) ―... 航空トラブル エアカナダ機が2... >>