シュワブ陸上案に反対決議=全会一致で可決−名護市議会(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、同県名護市議会は8日午前、政府・与党が検討中のキャンプ・シュワブ陸上部(名護市)への移設案に反対する決議と意見書を全会一致で可決した。
 決議と意見書は、シュワブ陸上案について「これまでの移設案よりも住宅地域に近接するもので、言語道断」と反発。「名護市民の生活環境のみならず、近隣の小中学校の教育環境までをも破壊するもので断じて許されるものではない」としている。 

【関連ニュース】
普天間、県内なら謝罪を=自民・大島氏
米、普天間現行案決着へ圧力=日本側の絞り込み前に神経戦
自民幹事長発言を批判=北沢防衛相
首相発言「決意の表れ」=輿石氏
普天間、県内移設に断固反対=共産・志位氏

入れ歯安定剤の販売中止、長期使用で副作用(読売新聞)
福祉医療機構の中期目標・計画改正案など了承(医療介護CBニュース)
人材派遣協理事長・副理事長の会社に改善命令(読売新聞)
上申書殺人で無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却(産経新聞)
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」−埼玉県警(時事通信)
[PR]
by zrpam7pau3 | 2010-03-10 14:38
<< 警察車両がバイクと衝突=男女が... 交通事故偽装、子ども4人にけが... >>